お知らせ

令和2年度 入学許可候補者受検番号の掲載

3月9日(月)13時00分から3月12日(木)16時00分まで、

以下のURLに掲載します。

http://nr02.spec.ed.jp/

※ブラウザのお気に入りに発表用URLを追加してください。

※当日はアクセスが集中し表示に時間がかかる場合がございますので、

 あらかじめご承知ください。

 

令和2年 陸上競技部

陸上部 全国大会出場

第31回 U20選抜競歩大会 令和2年2月16日(日)
(六甲アイランド南大学周辺コース 日本陸連公認コース )

http://www.jaaf.or.jp/files/competition/document/1308-1.pdf

ジュニア男子10KWの部  鈴木 基嗣(さいたま市出身)

3年連続3回目の出場
ジュニア女子5KWの部   渋谷 七未(加須市昭和中出身

3年連続3回目の出場
  

1月8日の始業式で壮行会を生徒会主催で開催していただき、全校生徒より激励していただきました。

R1年度 新人関東大会 準優勝
800m 準優勝
関東高等学校陸上競技選抜新人大会


http://www5c.biglobe.ne.jp/~iwa-m/kantou/2019kantou.html

陸上部2年 高野陽和琉くん(伊奈小針中出身)
         800m 準優勝
     1500m 4位入賞

応援ありがとうございました。


2019.10.19~20 千葉県東総合運動公園

R1年度 インターハイ速報
快挙達成
インターハイ8位入賞!

 


埼玉新聞2019.8.6掲載
沖縄インターハイ 女子5000競歩 8位入賞
渋谷七未さんが快挙を達成しました。
詳しくはこちら
R1年度 蓮田市長表敬訪問
蓮田市長 表敬訪問
 2019沖縄インターハイ(8/4~8)出場を決めた本校陸上競技部の渋谷七未さんが7月5日(金)に蓮田市役所の市長室を訪れました。
 中野市長からは「ケガに気を付けて、沖縄インターハイで頑張ってきてください。」と、また西山教育長からは「8位入賞を目指してがんばれ!」と激励のお言葉をいただき、渋谷さんは「決勝に残れるように残り1か月全力で頑張ります。」と決意を述べました。
(左から 照沼教諭、西山教育長、渋谷七未さん、琴未さん、中野市長)

h30年度 弓道部 関東大会出場決定

弓道部
関東大会出場(県大会を制す!)


8月下旬に行われた県大会において、本校2年生の武藤風雅くんが優勝し、関東大会出場を決めました。

9月3日の始業式後に壮行会が行われ、全校生徒で武藤君の健闘を称えました。

H30年度 ビーチバレー全国大会出場 速報
全国大会出場決定!!

ビーチバレージャパン女子ジュニア選手権大会埼玉県予選速報


'18マドンナカップin伊予市ビーチバレージャパン女子ジュニア選手権大会埼玉県予選で3年生の田崎真央衛藤雅ペアが優勝し、2年連続全国大会への出場を決めました!!
昨年のベスト8以上の成績を目指して頑張ります!!!応援よろ

しくお願いいたします。


松韻高校情報

新着日誌

No.566 全国大会報告(2)

 昨日に続いて陸上部全国大会の報告です。今日は、渋谷さんの感想です。

 

【渋谷七未さん(3年3組・加須市立昭和中学校)】

「応援ありがとうございました。3年連続U20の全国大会に出場することができました。今回は思うようなレースができず、自分が思っていたタイムよりもすごく遅くなってしまいましたが、この大会で学んだこともたくさんあるので、それを次の大学に向けて活かしていきたいと思いました。

 

 私は怪我がすごく多いので、怪我をしない身体はもちろん、スピード、体力を増やしていきたいと思います。3年間の応援本当にありがとうございました。」

 

〈気になる言葉〉

「ぼくは、この人の、『天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず』という言葉が大好きで、これこそ、人間差別を配した平等の理念そのもの。その点では、この人は、ルソーを受け継いだ思想家ではないかとヒイキにしているのです。」毛利子来『育児のエスプリ』新潮文庫 1996 pp.61-62.

 

 

0

No.565 全国大会報告(1)

 陸上部の3年生が「第31回 U20選抜競歩大会 令和2年2月16日(日)」に出場しました。全国大会というトップレベルの大会で頑張った2人から報告がありました。

 今日は鈴木君の感想を紹介します。 

【鈴木基嗣君(3年1組・さいたま市立片柳中学校出身)】

「私は今回、大学の関東大会の標準記録である45分を切ることを目標としてレースに挑みました。しかし、学校の先生方、友人、部活の仲間、そして親など多くの方から応援をいただいたのにもかかわらず、目標を達成することができませんでした。

 

 今回応援してくださった人たちに対する申し訳なさと同時に最後のレースで目標が達成できなかった悔しさが残りました。今回のレースでうまくいったことは継続し、うまくいかなかったことは次のレースで改善し、次こそ目標を達成していけるよう頑張ります!」

 

〈気になる言葉〉

「否定するということは、決してその人間の可能性をふみつぶしてしまうことではない。むしろ発展させたり拡大させたり、さらに新しいものを引き出したりすることである。」斎藤喜博『授業』国土社 1990 p.53.

 

0

N0.564 学年末考査

 今日から学年末考査です。進級に向けて最後の頑張りを期待します。

 

〈気になる言葉〉

「『すごい』『やばい』『むり』しか言わない若者の親も、『うっそー』『まじ!?』を連発し、帰宅した父親は『ふろ』『めし』しか言わない。もし、それが現実だとすると、英語が話せないのは当たり前でしょう。母語で言わないことを外国語で言え、というのは、それこそ『むり!』なのです。」(鳥飼)鳥飼玖美子・苅田夏子・苅田剛彦『ことばの教育を問いなおす』ちくま新書 2019 p.52.

 

0

No.563 願書受付

 昨日(2月17日)から願書の窓口受付が始まりました。受験生が緊張の面持ちで並んでいました。

 

 

〈気になる言葉〉

「昨年3月に国立大44校の教員養成課程を卒業した9851人(大学院進学や保育士になった人を除く)のうち、教職に就いたのは6476人で、教員就職率は前年比1.3ポイント減の65.7%だったことが文部科学省の調査でわかった。」「読売新聞」2020年1月16日

 

0

No.562 学警蓮

 先週の金曜日(2月14日)、蓮田市のハストピアにおいて、蓮田市学校警察連携協議会が開催されました。

 蓮田市内の小学校・中学校、特別支援学校の先生方との情報交換や岩槻警察署の方の御講演があり、大変勉強になりました。

 関係の皆様、お世話になりました。

 

〈気になる言葉〉

「ドイツは、法律でもナチスを禁じている。「ドイツ刑法典130条」の民衆扇動罪は、特定の人々の尊厳を傷つけたり、憎悪を煽動したりすることを禁じたもの。つまり、ヒトラーやナチスドイツを礼賛したり讃美したりする言動や、ナチス式の敬礼やナチスのシンボルを見せることを禁止している。たとえば、日本の教室でよく見る手を斜めにしての挙手は、厳禁。ドイツで挙手は、一本指を立ててするのが常識。」池上彰『池上彰と現代の名著を読む』筑摩書房 2019 p.95.

 

0