校長あいさつ

蓮田松韻高校は、「学びたい!」を実現できる単位制の学校です。

本校の単位制は、進路希望や興味・関心に応じて必要な科目や好きな科目を選んで学ぶことができます。

また、校是「松風水月」及び校訓「誠実・挑戦・感謝」の精神の下、自ら未来を切り拓く力を持ち、心豊かな生徒の育成を目指しています。

蓮田松韻高校は「夢に向かってチャレンジし、新しい自分に出会える学校」です。

楽しい仲間、優しい先輩、熱い先生方と一緒に、新しい高校生活の第一歩を踏み出しましょう。

埼玉県立蓮田松韻高等学校長  早川 光男

校長室より

校長室より

1学期も後半へ

今日は久しぶりに晴れて、とても暑く感じられました。

学校は三者面談期間が終わり、気がつけば6月半ばを過ぎて夏休みまで1か月という所です。最近授業見学で校内を頻繁に動きまわっていますが、生徒達が落ち着いてしっかり勉強している姿が目に入ってきます。先生方もかなり工夫を凝らした授業をしてくれるので、全般的に良い雰囲気です。3年次は1学期の成績が進路選択にも大きくかかわるので、期末テストまでの期間をうまく使って良い結果を残してほしいと思います。もちろん1・2年次の生徒達も力を出し切って欲しいのは同じです。誰しも得意不得意があると思います。ただ努力をして現状を変えることは出来ます。本校の校訓にもある「挑戦」の精神で頑張って欲しいです。

本日より陸上部は北関東大会に出場しています。吹奏楽部は19日(日)に久喜総合文化会館で演奏があります。野球部の選手権県大会は7月12日(火)9:00越谷市民球場で初戦を迎えます。これ以外の部活動も次の大会や秋の文化祭に向けた活動を頑張っているようです。

暑い夏が近づいていますが、松韻高校の仲間達も熱く躍動しています。

0

体育祭の成功をうけて

昨日、3年ぶりに松韻高校の体育祭がフルサイズで実施されました。ここ2年はコロナ禍で内容を絞り込んでいましたが、ようやく本来の形に戻ってきた感じです。3年前も雨で中断したと聞いていましたので、何とか1日で最後まで出来ないものかと思っていました。事前の準備段階で急激な天気の変化が予想されていましたので、体育科を中心として関係の先生方であらゆる想定をしてもらいました。万全を期して行いましたが、その結果体育祭は大いに盛り上がり、成功に終わったと感じています。

生徒達は本当に輝いていました。開会式では団長6名が真剣なまなざしで大きな声で選手宣誓、仲間を信じて最後まで応援を続ける生徒達の姿、日頃の成果を魅せるダンスの発表、3年生を中心によく頑張ったと思います。また先生方も実にフットワーク良く連携してくれ、とても良い行事にしていただきました。教員になって30回以上運動会や体育祭に参加してきましたが、私にとっては印象に残るベストワンだったと思います。これを機に松韻高校がますます活気づいてくれると嬉しいです。

0

応援団の存在

20日(金)にPTA・後援会総会が行われました。午前中の常任理事会から始まり、午後の理事会、総会、専門委員会までとスムーズに進めて頂くことが出来ました。役員の方々から「校長先生、もっと学校をアピールして。頑張って。」と具体的なアドバイスをたくさん頂きました。松韻高校は生徒も先生も皆一生懸命ですが、PTAや後援会の皆様もとても熱いハートを持たれた方ばかりです。本当に嬉しい出来事で、後になって勇気と元気が湧いてきました。皆様ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

いよいよ24日からは学校は中間テスト、3年次の生徒は進路選択にも大きく関わる大事な1学期の成績です。ベストを尽くしてください。1、2年次生ももちろん、先輩に続いてください。頑張れ松韻生!

0

嬉しい報告

こんにちは。今日は土曜日です。熊谷の陸上競技場に来ています。陸上のインターハイ県予選最終日です。本校の生徒達はよく頑張り、3年次の3名が北関東大会出場を決めました。競技場で出会った生徒達に声をかけましたが、皆素直で明るく元気に話をしてくれました。よく頑張りましたね。おめでとう! 
昨日は1 ・2年次の遠足と3年次の進路行事がありました。どれも皆上手く進められて、内容も良かったと報告を受けています。松韻高校の生徒達はここぞと言う時によく頑張っています。挨拶もよくしてくれます。先生方は入念に準備をして、熱心に丁寧に指導してくれます。中間テスト前の大きな行事が無事終りました。とても嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです。

0

1か月が過ぎました

 新年度が始まり1か月が過ぎました。GWも終わり、学校は1学期中盤に向けて授業も平常どおりというところです。天気が変わりやすく体調管理が難しいですが、生徒達は元気に学校生活を送ってくれています。まだまだ校内を十分に見て回る余裕がないのですが、校長室を開けたままにしていると、校内で活動している活発な「音」がよく聞こえます。早朝は朝練で校庭を走る足音、休み時間には校舎内を足早に移動し談笑する声、1階の教室で授業をする先生方の熱心な講義、放課後もボールを蹴る音や校内で奏でられる楽器の音色まで、よく伝わってきます。生徒達も先生方も授業や部活動で頑張っている、と感じられるとホッとします。

 今月は遠足や進路行事、PTA総会、中間テスト、生徒総会、体育祭に向けた日程等が予定されていますが、ひとつひとつしっかり丁寧に進めていければと考えています。また本校の様子を沢山の皆様に知っていただくことが大切だと思いますので、HPを利用して校長室からも何かお伝え出来ればと思っています。

 

0

入学式式辞

入学式式辞(令和4年)

 

 日差しも和らぎ春の暖かさが増す今日の佳き日に、たくさんの保護者の皆様のご臨席を賜り、埼玉県立蓮田松韻高等学校第13回入学式を厳かに挙行できますことに心より感謝を申し上げます。

 ただいま呼名をしました137名の新入生の皆さん、高校への入学、誠におめでとうございます。これから皆さんは、本校で3年間高校卒業とその先の進路実現に向けて勉強を始めることとなります。同じ想いを持つ仲間達と、互いに励まし合い、支え合い、楽しい高校生活を送っていただきたいと願っています。

 皆さんが、本校において、より充実した学校生活を送れるよう、私から本校の校訓「誠実・挑戦・感謝」に基づき3点申し上げます。

 一つ目は、「誠実 校則やマナーを守り、規律ある生活をおくる」ということです。学校という集団生活を行う場所では、ひとりひとりの生徒の自由や幸せを互いに保障するために、みんなが決められたルールを守り、規律ある生活をする必要があります。これは生活する地域社会でも同じことです。自分勝手にならず、大人であればこのように振舞うだろうという考え方が必要です。誠実に行動ができるようにしてゆきましょう。

 二つ目は、「挑戦 目標を持ち、自ら進んで、学び続ける」ということです。勉強、部活動、生徒会行事など、何事にも自ら進んで参加し、考えて、判断し、行動することが大切です。毎日少しずつ努力すること、それが将来の夢を実現することにつながります。今皆さんは同じスタートラインに立っています。何かを始める時に、今からでは遅すぎるということはありません。今日から新たな挑戦を始めてゆきましょう。

 三つ目は、「感謝 高校生活を通して、人間としての在り方生き方を学ぶ」ということです。人間の価値は、単に知識の量で決まる訳ではありません。学んで身につけた能力は、世の為人の為に役立ててこそ初めて意味をもちます。人として、優しい心や思いやりの気持ちをもった生き方が大切です。他人の痛みが分かる、そして、互いにいたわりあい、困っていれば助け合うことのできる人間に成長して欲しいと思います。感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

 誰しも、高校時代は多感な時期であり、不安定な時期でもあります。卒業までにはいくつかの困難が皆さんを待ち受けているかもしれません。しかし、皆さんの可能性は無限大です。困難な状況にもひるむことなく立ち向かい、将来は大きな花を咲かせてくれるものと信じています。もし悩むことがあり、立ち止まるようなことがあれば、その時はいつでも本校の先生方に相談をしてください。「誠実・挑戦・感謝」の精神で、これから一緒に成長してゆきましょう。

 最後になりますが、保護者の皆様にお祝いとお願いを申し上げます。ご子息、ご息女の高等学校への入学まことにおめでとうございます。私たちは、生徒が落ち着いて学び、卒業後の進路を実現できるよう、きめ細かく指導をしてまいります。在学中18歳を迎えると成人となり、これまで以上に責任という言葉がそれぞれに課せられる時代になりました。そのことも踏まえて、高校生らしい規律ある生活を送ることを第一に指導し、授業での学習成果を挙げることに全力で取り組みます。このため、ご家庭と連携させていただく場面も出てまいりますが、是非ご理解をいただき、本校の教育活動に対してご支援とご協力を頂きますことを心よりお願い申し上げます。

新入生の皆さんが、これから実り多き高校生活を送り、明るく逞しく成長してゆくことを祈念し、式辞といたします。

 

 令和四年四月八日        

    埼玉県立蓮田松韻高等学校長 早川 光男

 

0

着任式挨拶・始業式式辞

着任式あいさつ

それでは代表して、一言ご挨拶をします。
私たち新着任者は、蓮田松韻高校の新しい力になるために4月1日にまいりました。勉強、部活動、学校行事等で生徒の皆さんと一緒になって、学校を盛り上げていきたいと考えています。一日も早く学校に慣れたいと思っていますので、皆さんからも積極的に声をかけてください。一緒に頑張りましょう。よろしくお願いします。

 

 

始業式式辞

改めまして、新3年次生、新2年次生の皆さん、おはようございます。
校長の早川です。皆さんと顔を合わせるのは、今日が初めてですね。これから、どうぞよろしくお願いします。

さて、令和4年度が始まりました。今年も少し早く咲いた桜の花がとても綺麗で、その桜の花に祝福されて午後には新入生を迎えることになります。皆さんは先輩ですから、後輩達のことを温かく迎えて欲しいと思います。
私は教師となって34年、これまで12の学校で勤めてきました。その中には特別支援学校2校も含まれています。またこの3月までは定時制高校に居ました。勤めたどこの学校でも児童・生徒達の頑張っている姿を見ると、本当にすばらしいなぁと感じてきました。ここ数年は、教頭や副校長ということで、直接授業を教えてはいませんが、学校内や学校の外でも挨拶をしてくれる生徒達と話をすると、何だかとても元気や勇気を分けてもらえることが多かったです。

私は、学校は生徒のためにある、と考えています。あくまでも主役は君たちです。
3年次生 進路を決める大事な年です。大変なことも多いかもしれませんが、自分の力を信じて、頑張っていきましょう。2年次生 夏ごろから先輩のあとを引き継ぎ、部活動や生徒会などで学校をリードしてもらう時期がやってきます。どうかお願いします。

本校の校訓は「誠実・挑戦・感謝」です。この精神のもと、日々出来ること、やるべきことを精一杯頑張りましょう。私はこれから校長として、学校の外でも沢山の人達にご挨拶をすることになると思います。その時に、「松韻高校の生徒さんはどうですか?」と聞かれることが多くなります。私はこう答えます。「生徒は、まじめで頑張り屋、心の優しい子ばかりです。」と言います。そして「先生方も、生徒のことを一生懸命考える素晴らしい方ばかりです。どうぞ応援してください。」と付け加えます。

年度の初めは「節目」であり、少し立ち止まって考えたり、決意を新たにする時でもあります。中には、新しくまた始まることに不安を感じる人もいるかもしれません。でも大丈夫です。先生方は皆さんのことをしっかり受け止めて、そして一緒に考え、きちんと指導をしてくれます。何でも相談してください。令和4年度の始業式にあたって、皆さん一人ひとりが、自分なりにこれからの1年間を頑張るぞという決意と、周囲に対する感謝や思いやりの気持ちを確認してほしいと思っています。そして、今年度が終わる時に振り返った時、充実していた、頑張れた、成長できた、という気持ちが持てるような1年になれば良いなと思っています。 皆さん、どうぞ校長室にも来てください。そして、たくさん話を聞かせてください。一緒に頑張りましょう。一緒に成長しましょう。以上です。

 

 

 

 

0
1 2 7 6 9