部活動紹介
部活動にかかる活動方針

埼玉県立蓮田松韻高等学校  部活動に係る活動方針
◆ 活動の基本方針

学習活動と部活動との両立を通して、充実した学校生活の実践を図る 。
○ 計画的で効果的な活動を通して、心身の 調和的発達と望ましい人間関係づくり を図る 。

指導体制の整備について
○ 複数顧問制による指導体制を整え、定期的に部活動顧問会で情報交換を行う。
○ 外部指導者及び講習会等を積極的に活用し、専門的な指導を提供する。
○ 顧問 は 年間 及び 月間の活動計画 を立案 するとともに 実施し、その 活動実績を管理職に 報告する 。
○ 作成した各種計画書等は、生徒及び保護者に公表する。
○ 顧問は保護者との連絡を密に取り、協力体制を確立する。
○ 管理職は適宜 、 部活動の視察を実施し、必要に応じて顧問と の 面談を実施する。
◆ 具体的な活動の進め方について
○ 顧問は 効率的 かつ 安全に配慮した練習メニューを作成し、生徒が自主的かつ自発的に活動できる
ようにする。

部活動費用(部費 やユニフォーム代 など)を徴収する際は、管理職の指導の もとで文書連絡をし 、
保護者の 十分な 理解を得 たうえで実施する。また、事後は、 会計報告など適正な処理を実施する。
○ 施設設備の点検を定期的に実施し、事故の防止に努める。
○ 教職員全体が参加する心肺蘇生法やAED使用の研修を実施する、
○ 生徒間のいじめやトラブル等の防止のため、顧問教諭、担任、養護教諭等の連携を図る。
○ 体罰やハラスメントの根絶を目指し、職員研修を実施する。
◆ 適切な休養日等の設定について
○ 平日 は週 1 日 以上 、土曜日 及び 日曜日はいずれか 1 日 以上 を 休養日 とすることを原則とし、年間
100 日以上の休養日を設ける 。
○ 活動時間は、 原則として、 平日 は 2 時間、 平日以外は 3 時間程度 と する。
(平日は
19 時完全下校と し、 平日以外 の 午前練習は 13 時下校、午後練習は 17 時下校とする。)
○ 定期考査 1 週間前及び定期考査期間中の部活動は原則禁止とする。 ただし、 大会やコンクール等
が考査直後にある場合 は、 顧問と 管理職 が 協議し たうえで、 2 時間以内の 活動を 認めることがあ
る。
○ 長期 休業 中 に は、 連続した 3 日以上の 休養日を 設けるように 努める。

 

活動方針

1 6 0 7 7