日誌

野 球 部

卒業おめでとう!!

3月11日(木)に三年生を送る会を開催しました。

 
今年度も保護者の皆様に参加していただくことはできませんでしたが、それぞれが「今想う事」を後輩たちに伝えてくれました。

 
コロナ禍での練習方法や心の持ちよう、先輩や後輩として大切な姿など、自身の経験から想いを伝える姿には頼もしさを感じました。

 
この先は、

北海道(美唄ブラックダイヤモンズ)でプロ野球選手を目指す者。

消防士として地域に貢献する者。

就職をして会社や地域に貢献する者。

幼児教育や柔道整復師、動物看護の夢に向かって大学や専門学校に通う者。

それぞれ違う道を歩みます。

悩むこともあるでしょう。

そんな時は、考えて、考えて、考えて… 最後は自分を信じて決断してください。

大胆不敵です。

 


最後に、保護者の皆様をはじめ、審判をしてくださった蓮田市野球連盟の皆様や野球部の活動に多大なるご理解とご協力をしてくださった関係者の皆様、 本当にありがとうございました。

今後も野球部への応援や協力をよろしくお願いいたします。

0

野球部ビブリオバトル

2月5日(金)、7日(日)にオンラインでビブリオバトルを実施しました。

 

ビブリオバトルとは

1.発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる。

2.順番に本を紹介する。

3.それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを行う。

4.全ての発表が終了した後に「どの本が読みたくなったか?」を基準とした投票を行い,最も人気を集めたものを『チャンプ本』とする。

という内容です。

 

今回は各自が「野球に関する本」を読み、「人に想いを伝えるのに必要なことは?」をテーマに、3分で発表、2分で質疑応答を行いました。

 

発表では、

・スムーズに発表するために付箋をつける。

・相手に伝わるようにゆっくり読む。

・本の重要な部分を実際に見せる。

などの工夫がみられた一方、

・人に伝える気持ちがもっと必要だった。

・内容が薄かった。

・本を見ながらの説明で、想いが伝わりにくかった。

などの改善点があげられました。

 

質疑応答では、雰囲気の悪い沈黙の時間もありましたが、徐々に積極的に質問することで雰囲気を変える姿が見られ、ビブリオバトルの活動中に成長する姿が見られました。

 

今回のビブリオバトルで学んだ、「想いを持つことの大切さ」や「準備の重要さ」、「コミュニケーション力」を今後の野球にも生かしてもらいたいです。

 

1年生チャンプ本(千葉海翔)

2年生チャンプ本(斉藤朝陽)

0

2021年もよろしくお願いいたします

こんにちは。

新年のあいさつが遅くなりましたが、今年も宜しくお願い致します。

 

緊急事態宣言中のため、全体で集まっての活動はできていませんが、オンラインやランニングアプリ等を用いて、日々ランニングや体幹、股関節、肩甲骨等のトレーニング、柔軟に取り組んでいます。

ランニングでは、最初は1キロのチーム平均が5分39秒でしたが、前回の外周走(5200m)では、平均4分36秒まで記録が向上しました。「1キロ5分以内」を目指し、各自が一生懸命取り組んでくれた成果です。

また、1月からは、「ルールの勉強」や「読書」も取り入れ、2月には各自が読んだ本を発表する予定です。

 

「今まで通り」が通用せず、不自由なことも多いですが、こんな時期だからこそ、1つの目標を目指すことや離れていても同じ活動をすることでチームの「絆」を高める時期にしてほしいです!

 

 

最後になりますが、本校では、

1月29日(金)にイブニング説明会(17:00~19:00の間で30分)

2月6日(土)の午前中に学校説明会を予定しています。

学校や野球部に少しでも興味のある方は、是非本校(tel:048-768-7820)までご連絡ください。

 

0

野球部 2020年ありがとうございました

今年はコロナ禍の中の活動となり、臨時休校や大会の中止・制限があるなど、大変な1年となりました。

今冬休みも部活動が制限され、自由に活動できない日々が続いています。

しかし、その中でもグーグル三―トを使うなど、様々な工夫をして活動に取り組んでいます。

 

本校野球部の活動に携わって頂いた皆様、本年もありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。

 

0

野球部 東部地区中央ブロック大会準優勝

11/14(土)に東部地区中央ブロック大会決勝戦が行われ、本校は今年度秋季大会県大会優勝の昌平高校と対戦しました。

結果は5-23で敗戦となり、準優勝となりました。詳細は以下の通りです。

 

決勝戦(9:00試合開始@幸手ひばりヶ丘球場)

昌平 314330 23

松韻 03020 5

終始昌平高校の打線に圧倒された。松韻の守備のミスも重なり、大量得点を許す結果となった。

しかし、松韻打線も反撃に出る。

2回には松隈の3塁打を皮切りに、阿久津、千葉の三連打、稲垣のタイムリーで3点を返す。

4回には鈴木がショートのエラーを誘い出塁すると、稲垣、斉藤、竹中、松隈の4連打で2点を追加する。

しかし反撃もここまで。規定により5回コールドが成立となった。

 

相手は県優勝校ということで、難しい試合になることはわかっていましたが、実力の差が大きく出た試合結果となってしまいました。また、守備のミスが重なり大量得点を許し、走塁ミスによって、取ることができたはずの得点が入らないこともありました。現在チームで課題となっていることが表面化した試合となりました。今大会は選手たちにとって大変貴重な経験になったと思います。今シーズンは残り4試合の予定ですが、また新たなスタートとして歩みだし、来年の夏に向けて頑張っていきたいと思います。

 

0

野球部 東部地区中央ブロック大会 決勝進出

11/8(日)東部地区中央ブロック大会準決勝が行われ、本校は宮代高校と対戦しました。

宮代高校は秋季大会代表決定戦で敗れた相手で、絶対に負けられない試合でしたが、本校は9-8で見事勝利を収めました。

結果は以下の通りです。

 

対宮代高校(11:30試合開始@杉戸農業高校

宮代 0060002  8

松韻 0040230  9 (規定により7回で終了)

3回表、本校は守備陣のエラーと投手の与四死球が重なり、6点を失う。

その後3回裏に安打を集中し4点を返すと、5回に追いつき6回に稲垣の2点適時打で勝ち越しに成功する。その後7回に1点差まで詰め寄られるが、竹中がリードを守り切った。

 

秋季大会での悔しさを見事晴らしてくれました。6失策、7四死球と守備が乱れましたが、打線が打ち勝ちました。良くない流れを断ち切ることができないという欠点が出てしまいましたが、その流れから逆転することができたことはチームの成長だと感じました。

次戦は昌平高校との決勝戦です。(11/14(土)9:00試合開始予定@幸手ひばりが丘球場)

無観客試合となってしまいますが、保護者の御理解をお願いします。

今回のような試合展開では勝つことが難しい相手です。一つ一つのプレーを丁寧に、今持っている力をすべて発揮し、勝利をつかみましょう。

大胆不敵!!

 

 

 

 

 

0

野球部 11月予定の変更

以前お伝えしていた11月の練習試合の予定について、変更点がありますのでお知らせします。

 

11/22(日)久喜北陽高校・所沢中央高校とのダブルヘッダー(@本校グラウンド)

11/29(日)春日部工業高校・北本高校とのダブルヘッダー(@春日部工業高校グラウンド)

 

となります。12月~2月は対外試合禁止期間となっていますので、今シーズンも残り数試合。

1試合1試合を大事にしていきましょう!!

 

0

野球部 東部地区中央ブロック大会 初戦勝利

11/3(火)に第20回東部地区中央ブロック大会が開催されました。

本校は杉戸高校と対戦し、3-2で勝利しました。

詳細は以下の通りです。

 

対杉戸高校(11:00試合開始@杉戸農業高校)

松韻 000002100 3

杉戸 100010000 2

2点ビハインドで迎えた6回表、小林が2点適時打を放ち同点とすると、7回には菊池の好走塁で勝ち越しに成功した。先発の小林が7回途中2失点の好投。小林は竹中と守備位置を変更した7回裏、相手のタッチアップを捕殺し、同点を防いだ。その後は竹中の好投で杉戸の反撃を振り切った。

 

女子部員である鈴木(2年)は今大会が出場できる最後の大会となりましたが、攻守を連発や犠打を記録するなど、持ち味である安定したプレーを発揮してくれました。打撃も好調で次戦は安打も期待しています。

 

次戦の相手は宮代高校に決定しました。(11/8(日)第2試合11:30頃試合開始予定@杉戸農業高校)

秋季大会の代表決定戦で敗れた相手。次は絶対勝ちましょう!

0

野球部 2学期の活動予定

野球部 2学期の活動予定についてです。

本校野球部では土・日(不定期)に県内の高校を中心に練習試合を行っています。

 

詳細は以下のPDF(野球部R2 2学期予定)に記載していますので、そちらをご覧ください。

野球部R2 2学期予定.pdf

 

本校野球部に興味がある方は、ぜひ見学等にお越しください。また、本校野球部の活動の詳細を知りたい方は、本校に電話していただき、蛭田(野球部監督)までお問い合わせください。

 

 

0

野球部 秋季大会 結果報告

9/11(金)に秋季大会東部地区予選代表決定戦が、越谷市民球場で行われました。

本校は宮代高校と対戦しましたが、2-10の敗北となり、県大会出場を逃しました。

【試合結果】(12:30試合開始@越谷市民球場)

宮代 2003032  10

松韻 0001001x 2  (7回コールド)

 

守備の乱れから失点を重ね、試合終了まで流れの良くない展開でした。

攻撃でも好機に一本が出ず、2得点に終わりました。

試合の内容もよくなかったですが、実力の差を大きく感じました。

春季大会県大会出場を目指し、11月開催のブロック大会、冬のトレーニングに励みます。

 

個人に指導されていることを全体への指導だと受け取る。

全体への指導は自分に言われている指導だと受け取る。

そうすれば、上達は早くなりチームが強くなる。素直な心で野球に取り組もう。

 

0