日誌

サッカー部 アンプロカップと雨天紅白戦

 こんちには。サッカー部顧問です。

 7月23日から25日の3日間アンプロカップ(埼玉県西部地区招待試合)

に参加してきました。

練習試合が解禁となり、1年生にとっては初のアウエーでした。

試合は新座総合高校のグランドで行われました。

コロナ期間中は一切対外試合は禁止だったため、

選手はサッカーができる喜びを味わえたのではないでしょうか。

スポーツは日常生活が正常でなければ、できないものとして痛烈に感じております。

非日常である今日、スポーツの試合ができる喜びに「感謝」しなければなりません。

 

新座総合高校、狭山工業高校、新座柳瀬高校と行いました。

 

 

3日目は雨天で中止となり、本校グランドで紅白戦を行いました。

 本校は雨に強いグランドです。

選手に、「雨にも強いタフな男」として成長を促しています。

選手権に向けて着実に準備しております。たとえ選手権が雨でも、

グランドコンディションが不良でも、

最大限に力を発揮できるよう準備はしていきたいと考えております。

 

※8月1日(土)の部活動見学会は雨でも行います。

雨天時はテントを準備をしますが、

グランド内に入ってきても構いませんので、

雨天時の際には長靴や傘を準備していただけるとありがたいです。

何か質問などありましたら、

サッカー部顧問 体育科の梶原雄太までご連絡ください。

 

『愛されるチームとはなにか』