日誌

野球部 東部地区中央ブロック大会準優勝

11/14(土)に東部地区中央ブロック大会決勝戦が行われ、本校は今年度秋季大会県大会優勝の昌平高校と対戦しました。

結果は5-23で敗戦となり、準優勝となりました。詳細は以下の通りです。

 

決勝戦(9:00試合開始@幸手ひばりヶ丘球場)

昌平 314330 23

松韻 03020 5

終始昌平高校の打線に圧倒された。松韻の守備のミスも重なり、大量得点を許す結果となった。

しかし、松韻打線も反撃に出る。

2回には松隈の3塁打を皮切りに、阿久津、千葉の三連打、稲垣のタイムリーで3点を返す。

4回には鈴木がショートのエラーを誘い出塁すると、稲垣、斉藤、竹中、松隈の4連打で2点を追加する。

しかし反撃もここまで。規定により5回コールドが成立となった。

 

相手は県優勝校ということで、難しい試合になることはわかっていましたが、実力の差が大きく出た試合結果となってしまいました。また、守備のミスが重なり大量得点を許し、走塁ミスによって、取ることができたはずの得点が入らないこともありました。現在チームで課題となっていることが表面化した試合となりました。今大会は選手たちにとって大変貴重な経験になったと思います。今シーズンは残り4試合の予定ですが、また新たなスタートとして歩みだし、来年の夏に向けて頑張っていきたいと思います。