日誌

野球部ビブリオバトル

2月5日(金)、7日(日)にオンラインでビブリオバトルを実施しました。

 

ビブリオバトルとは

1.発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる。

2.順番に本を紹介する。

3.それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを行う。

4.全ての発表が終了した後に「どの本が読みたくなったか?」を基準とした投票を行い,最も人気を集めたものを『チャンプ本』とする。

という内容です。

 

今回は各自が「野球に関する本」を読み、「人に想いを伝えるのに必要なことは?」をテーマに、3分で発表、2分で質疑応答を行いました。

 

発表では、

・スムーズに発表するために付箋をつける。

・相手に伝わるようにゆっくり読む。

・本の重要な部分を実際に見せる。

などの工夫がみられた一方、

・人に伝える気持ちがもっと必要だった。

・内容が薄かった。

・本を見ながらの説明で、想いが伝わりにくかった。

などの改善点があげられました。

 

質疑応答では、雰囲気の悪い沈黙の時間もありましたが、徐々に積極的に質問することで雰囲気を変える姿が見られ、ビブリオバトルの活動中に成長する姿が見られました。

 

今回のビブリオバトルで学んだ、「想いを持つことの大切さ」や「準備の重要さ」、「コミュニケーション力」を今後の野球にも生かしてもらいたいです。

 

1年生チャンプ本(千葉海翔)

2年生チャンプ本(斉藤朝陽)