校長と怪しい猫の交換日記

No.558 東部地区高等学校音楽祭の講評(4)

 今日は吹奏楽部の演奏にいただいた講評の紹介です。

 

「丁寧な音楽づくりをされていてとってもよくまとまった演奏でしたね。手拍子で会場一体になり聴衆を巻き込んだステージはとても楽しく心地よい空間になりました。

 少人数ながら一人一人が責任を持ってメロディーを奏で、一つの曲をつくり上げていました。明るくさわやかなサウンドです。

 各セクションの音もバランスよく混ぜるのはお互いの音をよく聴くとともに、自分の音をもっと聴いて一番良い音を出すことです。これがムズカシイ! 良いブレス、良い発音、良い息を長く出しましょう。フレーズの最後まで息を流し支えることです。頑張りましょう。良い演奏をありがとうございました。」

 

「聴く度に上達する皆さんは本当にすごいです。夏休みに聴かせていただいた時より、いい意味で力が抜けて、聴いていて心地良さが増えました! これはミラクル級の成長です。

 パプリカ…さわやかに聴かせてくれました。木管がメロディーになった時、もう少し鳴ると、響くと、より良いと思います。

 銀河鉄道999…冒頭のつかみがまず良かったです。fの音が増しました。しかも音色が荒れないまま音量を上げたことがすばらしいです。

 全体のバンドとしてのレベルがグングン上がっているので、次は個々の力を更に磨く段階に入っていくと思います。上半身を力まず、今よりブレスコントロールの力を上げていき、豊かな音色で奏でるそんなバンドへと進化していって下さい。また会える日を楽しみにしています。

 3年生から受け継いだものを1・2年生、温めて下さ! 素敵な演奏をありがとございました。」

 

〈気になる言葉〉

「議論をしている場合、色々な事実を人よりも多く知っているとしても、それを口に出して言い出したところで参加者の認識やそこでの議論に何ら貢献しないような場合には、言い出して知ったかぶりするよりも、むしろ沈黙しておくべきでしょう。」岡部光明『大学生の条件 大学教授の条件』慶應義塾大学出版会 2002 p.20.