松韻高校情報

No.557 東部地区高等学校音楽祭の講評(3)

 先週の東部地区高等学校音楽祭には1・2年の音楽選択者が出場しました。今週は合唱部と吹奏楽部が出場しました。今日は、合唱部の演奏にいただいた講評を紹介します。

 

【合唱部】

「少人数ながら一人一人がしっかりと発音し、音楽を表現しています。お互いを信じてそれぞれのパートを確実に演奏する力量は日頃の充実した練習の成果ですね。

 声を遠くまでとどけるためには身体の支えも重要です。PPほど腹筋を使います。ぜひ息を流し続けることと身体の支えを意識してください。

 やわらかい優しい声で心が温まりました。これからもぜひ多くの仲間を増やして頑張ってください。ありがとうございました。」

 

「MC 明るく内容も気持ちも伝わってくるものでした。拍手です!!

 ♪〈いのちの歌〉聴く度に声が出るようになっているので毎回驚かされます。声が透明になってきて響きが増えましたね! ハーモニーもお互いを聴き合っているからこその重なりを感じます。Soloも堂々たるもの!! 力がついていないとできないことです!

 この曲は跳躍が難しいので跳ぶ前の音をしっかり歌い、上がる時、響きが広がらないようにするとよりまとまります!

♪〈未来へ〉

 信長さんの曲は聴いているより歌う方が難しいです。よくここまで仕上げましたね。途中Altoだけになった時、すごくメロディーであることを自覚して歌っていることが伝わってきてよかったです。メロディーでない時ももう少し出しても全然大丈夫!! あなた達は思っている以上に力が付いて届く演奏ができる力が付いています。 

 3年生のラストステージだと思うとじ~んとしてしまいました。是非、今後もこの合唱部で得た経験を大切に、音楽とともに豊かな人生を! 本当にありがとうございました。」

 

〈気になる言葉〉

「宗教戦争の特徴は、自分が『正義』で、相手は『悪』であるという、正義の戦争です。正義と悪に分かれるという意味での正戦論が主流でした。相手はあくまでも『悪』なのであって『敵』ではありません。『敵』とは立場が異なる者を指す言葉で、立場が入れ替われば味方になる可能性のある存在です。絶対的な『悪』とは違います。」倉山満『フェストファリア体制』PHP新書 2019 p.140.