松韻高校情報

2016年1月の記事一覧

蓮田松韻賞2団体に授与される。

1/8 (金) 
 始業式後に蓮田松韻賞の表彰がありました。
 今回は、先ごろ、交代した生徒会執行部と文化祭を大成功させた文化祭実行委員会の功績を讃えてトロフィーと賞状をお渡ししました。

第5期 生徒会執行部の代表のみなさん
地域貢献や各種行事の企画運営に手腕を発揮しました。


第6回 文化祭実行委員会の代表のみなさん
文化祭来校者あと少しで1000人、大台達成の夢は後輩達に託されました。
0

3学期始業式校長講話

平成28年1月8日

  3学期始業式  校長講話                    

 「新年あけましておめでとうございます。」

 本日は3学期の始業式にあたり、2点お話しします。

 1点目は、目標を持つことの大事さについて

 2点目は、命の大切さについてです。

 1点目、目標を持つことの大事さについて、入学式の日、私は式辞で1年生のみなさんにお話しました。その内容を、あらためて23年生にもお話しますので目標を持つことの大事さについて考えて欲しいと思います。

 アメリカ大リーグで活躍した松井(まつい)秀喜(ひでき)選手の母校、石川県の星稜高校の練習場には「心が変われば行動が変わる、行動が変われば習慣が変わる、習慣が変われば人格が変わる、人格が変われば運命が変わる」という監督の教えが掲げられています。自分から具体的に、動かない限り、夢は近づいてはくれない。夢は目標という言葉に置き換えてもよい。目標を持ち、本気でその実現を目指そうとすれば、自然と人の行動は変わってくる。自分が変われば運命まで変わる。今日できなかったことを一つでいいから、明日はできるようにする。ひとつ目標を達成することで、自信が芽生えます。一歩ずつ成長していく自分が確認できれば、高校生活への意欲がより高まることと思います。

 こんな内容でしたが1年生の皆さん覚えていますでしょうか。校内にも2年生の掲示板に学年の先生がこの言葉「心が変われば、、」を掲げてくれてあります。

2学期終業式の講話で「たった一日、遅刻で無遅刻無欠席を逃した残念な方もある、無遅刻無欠席の皆勤を目指して頑張ってきた気持ちこそが素晴らしいと思う。」と私はお話ししました。そういう方も落ち込むことなく次からまた、頑張って学校へ元気に登校してほしいと言いました。別の言い方をすると途中の経過、努力の過程にこそ自分を変える力があるとも言えます。全国高校サッカー選手権で敗れたチームの監督が「負けたことは恥じゃない。」と泣いている生徒たちに言っていたのも同じことだと思いました。つまり、負けたという結果ではあったが、ここまで努力してきたことは誇るべきことであるということだと思いました。

 一昨日、校内では家庭科部のみなさんにより、蓮田松韻高校部活動炊き出しが行われました。その日校内で活動していた部活動の生徒100人以上と顧問の先生方が新年の昼食のカレーを一緒に食べ、決意を新たにしたそうです。これは蓮田松韻高校のスタート時から続く伝統の行事だそうです。とても素敵な行事だと私は思いました。これからもこの行事が続いて、たくさんの皆さんで新年決意を新たにするという伝統になったら素晴らしいと思いました。

今年も私たちは、みなさんを応援しています。ぜひ日々の努力を継続し、自信にしてください。

 1228日に就職の面接にいった生徒がいます。世の中はみな、年末気分です。そんな中あきらめなかったその生徒は見事に内定を頂いたそうです。

 一つ目の話をまとめると「夢を探し、探した夢の実現に向け、具体的に自分を高める努力をしてほしい。」ということになります。みんなできます。夢を持ち毎日の努力を続けてください。

 次に2点目の命についてです。

 昔、小学校で担任をしていた時、「不思議な言葉のやりとりを聞きました。」「昨日、○○ちゃんとゲームをしていて命を一つもらいました。」というのです。上手な子がうまくやっていくとポイントがたまり、一回余計にゲームができる。この一回ゲームが余計にできることを命が増えるというそうです。この命、一回ゲームをやる権利を友達に譲ってもらったということを会話の中で「命をもらった。」といったようです。

 この時のうすら寒い感じを今でもときどき思い出します。それは人間の生は一度きりであり、他者の命も一度きりで何物にも代えがたいものなのに、日常の会話の中で、あまりにも軽く友達と「命」のやり取りがゲームの上とはいえ行われていることの気持ち悪さです。リセットすると何度でも命がよみがえる。この感覚がどこかでなにかを狂わせるのではないかという想いです。

この年末、世の中では様々な命を軽んずるような事件が起きています。人の「命」を奪ってしまった事件や事故を知り、報道を見ると何か勘違いしてしまっているのではないかと常に恐れています。命はリセットできません。一人一人の命が本当に大事です。自分の命、他者の命、それぞれが大事だということをもう一度、確認して欲しいと思います。そして、だからこそ、一度の人生を自分の「命」を大事に生きてほしいと思うのです。

  Have your dream 

  Make your dream  

  Dream come true

 みなさんはできます。自信を持ってください。

 皆さんやればできる。皆さんのポテンシャル、可能性は無限です。

 最後に、3年生のみなさんは、学校へ登校する日数がとても少なくなりました。大事に過ごして卒業してください。まだ進路の決定していない方もあるかと思います。最後まで粘り強く努力をして、自分の将来を掴み取ってください。これからもサポートをしていきます。

1、2年生の皆さんはそれぞれ頑張って2,3年生に絶対に進級してください。

今年一年が皆さんにとって、目標を目指す良い一年となることを願って、3学期の講話とします。


0

あけましておめでとうございます。

 【新年を迎え 1月4日(月)】
 
新年あけましておめでとうございます。
 新しい年を迎えました。蓮田松韻高校は昨年6年目でした。大きな飛躍の一年となりました。今年はさらに生徒たちが大活躍する一年になると確信しています。
 どうぞ今後とも本校へのご助力とご声援をお願いいたします。

 さて1月16日(土)には 10時から 第5回 学校説明会があります。中学生の皆さんのご参加をお待ち申し上げております。

0