松韻高校情報

2016年12月の記事一覧

2学期終業式 校長講話

 2学期の終業式にあたり、以下のようなお話を皆さんにしました。
                    

 みなさんおはようございます。本日は2学期の終業式です。今学期の成果と課題についてお話しします。

  挑戦   大きな書を掲示して
 91日の始業式でこの言葉をかかげ皆さんを励ましました。おぼえていますか。

 多くの生徒諸君が挑戦してくれ、成果が上がっています。

 まずは、2学期の成績や出席状況についてですが五段階の評定を平均し、平均4.0以上になる成績優良者は全生徒中の23%の方です。よくがんばりました。無遅刻無欠席の皆勤の方は、全生徒中の25パーセントの方が一日も休まず、遅刻もなしで登校することができました。

 部活動でも本当に素晴らしい成果です。松韻賞のベストクラス以外の表彰は3学期の始業式に回さねばならないほど、本日は表彰が沢山あります。詳しくはPTA便りにまとまっていますので確認してください。

 地域の貢献活動も素晴らしかった。蓮田市の交通安全キャンペーン、赤い羽根募金、未成年喫煙防止キャンペーン、18歳選挙キャンペーン、共生の集い参加、熊本地震のチャリティー、雅歌谷(うたや)の森フェスティバルや蓮田マラソンのボランティア、まさに地域を支える蓮田松韻でした。

 行事にも頑張っていました。文化祭の目標、入場者1000人は915名の来場者で残念ながら実現できませんでしたが、大盛況でした。生徒諸君が頑張っているその姿こそが松韻ここにありというアピールになります。この後、表彰するマラソン大会でも大変良く頑張ったと思います。 

 つぎに進路です。

 今年の3年生は史上最高の成果を今迄に上げています。国公立大学に合格し、東京6大学に次ぐレベルの大学にも合格しました。高等看護学校合格者も出ました。就職では蓮田市役所、東光高岳、YKK、積水ハイム、日本郵便など成果のすべてをあげられませんが、合格という成果をあちらこちらで上げてくれました。素晴らしい。これからが本番チャレンジという方もぜひ頑張ってください。最後まで粘り強く努力をして、自分の将来を掴み取ってください。既に決まった方もぜひ応援してあげてください。

 一方で課題です。頑張っている生徒がある反面、本当に心配な生徒が見受けられます。

 遅刻の総数は増えてしまいました。1学期本当に大幅に減らしてもらったのですが、増えてしまっています。特に3年次生は残り少ない学校生活です。一日一日を大事に生活してください。

 また、とても残念なことに努力して頑張っている生徒がいる反面、あまりに学校に気持ちが感じられない生徒もいます。成績不良の生徒がでています。ぜひこの休みの間も努力し解消に努めてください。ぜひ大反省をして、学年最後の3学期に向かってほしいものです。

 今学期も蓮田松韻賞で、遅刻数の少ないクラスを表彰します。部活動等は3学期始業式になります。皆さんは、もっともっと自信を持っていい。「やればできる。」皆さんのポテンシャル、可能性は無限です。 
 学校の評判を高めるのは石を積んで山を作る作業に似ています。山を壊すのはほんの一瞬です。学校の名誉と誇りを大事に名に恥じない努力をしましょう。本年、蓮田松韻高校は「埼玉ふれあい教育賞」という賞をいただきました。これは県知事表彰です。なかなかいただけるものではありません。半分以上は生徒会のみなさんの取り組みが評価されてのものです。学校の名誉と誇りを大事にこれからも 挑戦 してください。

 最後になります。

 3年生のみなさんは、進路本番、これから挑戦の人もあります。最後まで粘り強く努力をして、自分の将来を掴み取ってください。この休みは何かとイベントもありあわただしい休みです。家の手伝いなどにも励んで有意義に過ごして1月10日にまた、皆さんとここで新年のあいさつができると良いなと思っています


 

0