松韻高校情報

2017年5月の記事一覧

No.36 体育祭に向けて

 昨日(5月29日)、体育祭に向けて全校集会が開催されました。年次を超えた各チームの色が決まり、3年生の各チームリーダーが団員に呼びかけ奮起を促しました。

 体育祭は6月1日(木)に予行を行い、本番は6月2日(金)です。楽しみです! 

 

〈気になる言葉〉

「リーダーとは重荷を人に押しつけるのではなく、自ら重荷を担う人ことだ」マックス・デプリー『リーダーシップの真髄』経済界 1999 p.30.

0

No.35 いやぁ、たいしたもんだ!

 
 ニャーオ。
バスケットボール部のインターハイ地区予選が行われている。男子の会場は庄和体育館、女子は羽生第一高校。



  女子の応援から帰った校長が校長室に入っていった。様子をうかがうと、独りごちている。

 いやぁ、うちの選手は大きくないのに大したもんだ。鋭いドリブルで切込んだあのシュート! よかったなぁ~。鮮やかな3点シュートも何本もあったなぁ~。いやぁ~、たいしたもんだ! 久喜北陽もうまかったけど、今回ばかりはうちの選手が力を発揮したな。いやぁ~、たいしたもんだ。

 興奮冷めやらぬ様子で「いやぁ、たいしたもんだ」を繰り返してばかりいる。もっと他にもいいようがあるだろうに……。ボキャブラリーが貧困な校長だニャ~。

〈気になる言葉〉
「スポーツはルールという制限があるからこそ技が磨かれるわけで、ルールが選手の成長のもとになっているんだ。」平光雄『一歩を踏み出すための道徳』廣済堂出版
2016 p.175.

0

No.34 PTA総会

 中間考査最終日です。力は発揮できたでしょうか? お疲れ様でした! 

 午前中にPTA常任理事会、午後からはPTA・後援会の理事会・総会が開催されました。参加していただいた保護者の皆様、ありがとうございました。


〈気になる言葉〉

「恋愛のボルテージ(電圧)は、発散したとたんに減殺されるという逆説的な構造をもっている。」三島由紀夫『葉隠入門』光文社 1995 p.34.

0

No.33 真剣な表情


 ニャンニャン。中間考査2日目。校内を一回りした。どの教室でも、皆、真剣な表情で取り組んでいた。



  昔、♪お化けにゃ学校も、試験も何にもない♪と歌うマンガをテレビで見たことがあったが、吾輩の世界にも試験はない。人間の世界は大変だニャぁ~。

〈気になる言葉〉

「平成という今、私たちが正義としている価値や思想、行為は、ほとんどが西欧価値観によって正義とされているに過ぎないのだ。正義の基準とは、意外に脆いもので、時にそれは揺れ動くということを知っておかなければならない。」原田伊織『三流の維新一流の江戸』ダイヤモンド社 2016 p.31.

0

No.32 ドキドキ!

 中間考査初日です。いよいよ始まりました。1年生は高校生活初めての定期考査。ドキドキしながら初日を迎えた生徒もいるでしょう。勉強した成果を発揮してほしいですね!


〈気になる言葉〉
「有罪決定の瞬間まで被告人は無罪だ。被告人が有罪か無罪かどうかをゼロから判断するのではない。無罪と推定される人間に対して、そうではなく有罪だと判断を変更するに十分な材料があるかを吟味するのだ。必要なのは有罪の立証のみであり、無罪を立証する必要はない。」小坂井敏晶『人が人をさばくということ』岩波新書 2011 p.42.
0