松韻高校情報

2018年3月の記事一覧

No.199 人間と生まれたら


 ニャーオ。平成29年度が終了した。昨年の4月以来、暇つぶしと思って校長の後をついて回った日々を送ってきたが、過ぎてしまうとあっという間だ。

 吾輩は他の高校の校長の生活を知らん。したがって、我が主人のみを観察しそれをもって「校長」を論じることになるゆえあてにならぬのは承知の上だが、校長というものは実に楽なものに思えてならん。教員も生徒も忙しそうにしているのに、ひとりのんびりしている、そんな校長の姿を何度見たことか。人間と生まれたら校長となるに限る。

 さて、4月には1・2年生が進級し、新入生が入ってくる。新しい松韻がどうなるか、楽しみだ。それまでほんのちょっとのんびりいたそう。

 吾輩は寝ることにかけては誰にも負けぬ自信がある。昼間から何時間でもぐうたら寝ていられる。4月の新学期が始まるまで、黒甜郷裡〈こくてんきょうり〉に遊ぶ日々を送ることにする。しばしの別れである。ごきげんよう。

〈気になる言葉〉
「吾輩は猫ながら時々考える事がある。教師というものは実に楽なものだ。人間と生まれたら教師となるに限る。」夏目漱石『吾輩は猫である』新潮文庫 2003 p.8.

0

No.198 大掃除


 ニャンニャン。今日は大掃除らしい。生徒全員で学校を隅々まできれいにして新年度・新学期を迎えようという魂胆だ。吾輩も負けてはおれん、と思って我が家を少しはきれいにしようかと思ったが、面倒臭くなって途中でやめてしまった。松韻生みたいにはできぬようだ。

〈気になる言葉〉

「季節に例えれば、教育は冬。教師の激は北風だ。その冷たい強風に晒されながら、子供はしっかりと目の詰まった年輪を培っていく。そして家族、家庭は土壌といえる。子供が素直に根を伸ばせるように、温かい愛情で包み込んでやる。だから、幹から葉の先まで、北風に吹き晒されても、雄々しく育っていくことができるんだろう。」坂田信弘『叱る力』双葉新書 2013 pp.20-21.

0

No.197 欠員補充

 本日、欠員補充の試験を実施しました。国語・数学・英語の学力検査と面接です。実力を発揮できたでしょうか? 受検生の皆さん、お疲れ様でした。

 なお、発表は3月23日〈金〉13時を予定しています。

〈気になる言葉〉

「不安を生み出すのは事実そのものではなく、事実について我々がどう思うかだ。ということだ。」アル・ピタンパリ『すごいヤツほど上手にブレる』TAC出版 2017 p.198.

 

0

No.196 交流会と入学説明会

 本日、蓮田特別支援学校において交流会がありました。特別支援学校の生徒と一緒に生徒会の生徒たちが話し合いをしながら企画した交流会です。今年度3回目となります。今回も楽しい時間になりました。

 

*蓮田特別支援学校体育館:交流会

 本校では入学許可候補者説明会を実施しました。入試当日とは一味違う緊張感があったようです。各担当から松韻高校の学校生活について説明を行いました。


*本校体育館:入学説明会

〈気になる言葉〉
「多くの進学校で、授業中でも塾の勉強をする生徒が多いとか、寝ている生徒が多いとかを聞くのですが、浦高は違いますね。眠くなるとその場で立っている生徒もいます。」佐藤優・杉山剛士『埼玉県立浦和高校』講談社現代新書 2018 p.178.

0

No.195 先輩の話


 ニャーオ。卒業生が1・2年生に話をした。生徒は神妙に聞いていた。企業、大学、専門学校で活躍している先輩の話には親や教師のそれとは違う影響力があるようだ。

 

 それにしても卒業生が忙しい中後輩のために母校に来てくれるなんて、松韻の生徒たちは恵まれているニャ~。

 

〈気になる言葉〉

「能を始めたころ『素人と玄人の違いを知っているか』と先輩に問われたことがあります。先輩曰く、『素人は一○○パーセントを目指し、玄人は一○○パーセントから始まる』と。」安田登『身体感覚で『論語』を読みなおす』春秋社 2009 p.80.

0