松韻高校情報

2019年1月の記事一覧

No.361 最後の定期考査


 ニャンニャン。3年生の学年末考査が実施されている。高校生活最後の定期考査だ。卒業に向けて最後のひと踏ん張り! 頑張ろうニャン!

〈気になる言葉〉

「海外でも、『パソコンより手書きのほうが効用がある』と提唱している専門家は多くいます。ワシントン大学が2012年に行った研究をご紹介しておきましょう。同大学の講義の直後に行なわれたテストでは、『キーボードでメモをとっていた学生』のほうが、少しよい成績をとる傾向を示しました。しかし、その効果は短期間で失われてしまうことが明らかになりました。同じ学生を対象に、24時間後に行われたテストの結果から、『キーボードでメモをとっていた学生』の多くがその内容を忘れていたのです。反対に『手書きでメモをとっていた学生』は、記憶が長く残っていて、講義の要点を確実に覚えていました。」山中恵美子『瞬読』SBクリエイティブ 2018 pp.95-96.

0

No.360 音美書合同発表会

 先週、音楽・美術・書道の選択者による合同発表会が開催されました。初めての試みでした。

 


 科目ごとに生徒たちが工夫を凝らした発表をしてくれました。素晴らしい発表でした!

〈気になる言葉〉

「何かに失敗したとき、自分には才能がないとか、能力がないと言ってしまう。しかし才能や育ち、環境のせいにしてしまうと改善のしようがない。改善のしようがないから、努力もしない。」齋藤孝『段取り力』筑摩書房 2003 p.9.

0

No.359 おいしい食事


 ニャンニャン。調理実習の成果を発表する食事会が開かれた日、朝から校長がうれしそうな顔をしていた。生徒が作ったおいしい食事が校長室に運ばれた。



 おこぼれにあずかれるかと思っていたが、校長は「うまいなぁ」を連発しながらすっかり残らず平らげてしまった。期待していたのに……。

〈気になる言葉〉

「最初から自分に向いている仕事など、多分どこにもありません。仕事というものは自分にだけ都合よくはできていないからです。社会経験も浅く仕事の本質が分からないうちは、与えられた仕事の向き不向きで迷う暇があるのなら、どうすればその仕事が好きになれるかを考えた方がよいと思います。」西本甲介『君たちはどう働きますか』東洋経済新報社 2018 p.31.

0

No.358 PTA理事会

 本日、PTA理事会とともに、10周年事業の実行委員会を開催しました。10周年に向けて、保護者の皆様、後援会の皆様をはじめ関係の皆様の声をしっかり受け止め、準備を進めてまいりたいと思います。


 御多用の中、御出席をいただきました皆様、ありがとうございました。

〈気になる言葉〉

「あなたが失敗する理由は、1日延ばしの習慣にある。」(ナポレオン・ヒル)マツダミヒロ『賢人たちからの魔法の質問』日経ビジネス文庫 2017 p.226.

0

No.357 吹奏楽部副部長

 
 ニャンニャン。昨日の吹奏楽部の部長に引き続き、副部長の浅野美咲貴さんの感想も紹介するニャン!


*吹奏楽部の生徒たち

★浅野美咲貴さん(3年4組・春日部市立江戸川中学校出身)
「蓮田松韻高校吹奏楽部は今年度初めて演奏会を行いました。約3か月辛い練習を頑張りました。少人数ではありますが、少人数ならではの良いところがたくさんあり、日々楽しかったです。

 たくさんの先生方に応援され、たくさんの方々にご協力していただき、とてもいい演奏ができたと思います。」

〈気になる言葉〉

「やる気のない人に近づかないことです。やる気を奪う人がいます。そういう人は、5メートル以内に近づくだけでやる気が減少します。」関根均『学びのサプリ』学事出版 2016 p.75.

0